埼玉で注文住宅

保証されにくい住宅の建築後は

一般的な住宅は

世の中に保証という言葉がある限り、製品にはそれぞれ新品に対する信頼が担保されていますが、こと住宅となると製品の欠陥及び故障なのか、施工による不具合なのかを検証するのが非常に難しい。

特に在来工法では工務店が施工した住宅を何年保証すると言った取り決めもあまりないままに時が経過していくことも多いのです。建てて一年もしないうちに不具合があればそれは保証としてみなされるのでしょうが、これが10年ともなればその責任の矛先が曖昧になりがちです。その点、注文住宅のパナソニックブランドのアバンセなどは、施工も製品もパナソニックのお墨付きですので、心配度も少ないのです。

信頼の保証書付

住宅でたとえば太陽光発電システム、さらにIHクッキングヒーター、など明らかに分別される製品なら保証書が付く場合もありますが、住宅そのものを保証しても保証書まで発行するところも少ないのではないでしょうか。

ですがパナソニックブランドのテクノストラクチャーで施工された住宅に関しては、保証書が発行されるのですから素晴らしい。強度実証、第三者の検証、アフターメンテナンスなどを経て引き渡されるからこそ、信頼の保証書まで発行してくれるのです。

これも概ねの部材を自社で共有するから故の自信でもあり、そこに培った実績が後押ししているのでしょう。